ロレックスのオーバーホールは日本で出来る?

古くから愛好家が多いことで有名なロレックスですが、この時計はとても複雑な仕組みをしています。クウォーツ式と呼ばれる電池式であれば、電池の交換くらいで使い続けることができますが、ロレックスの殆どの商品が機械式時計です。定期的にオーバーホールを行わなければ、いつまでも機能性を損なわない時計として使えなくなる心配を持っています。オーバーホールとはメンテナンスのことで、時計を分解し、部品の汚れやサビを取り除いたり、壊れていれば部品交換するなどの作業が行われます。高い職人技術が必要なオーバーホールですから、適当な業者に依頼するのではなく、ロレックスの構造に精通した技術者がいる業者に依頼するのが安全です。きちんとオーバーホールをしてもらえれば、長く使い続けることができます。

国内の代理店に依頼するのが一番

ロレックスは海外ブランドですので、オーバーホールを依頼するとなると、海外の本社でなければ行ってもらえないと考えられがちです。ですが、日本国内でも依頼することができます。日本にロレックスの正式な代理店がありますから、そこに依頼するだけで綺麗な状態に蘇らせてくれます。東京都に修理センターが存在しており、高い技術を持った専門の職人が数百人も揃っています。古い型から、最新の型まで、ロレックスのことなら何でも対応できる強みを持っています。正式な代理店とあって、正規のパーツが豊富に揃っています。壊れた部分があっても豊富なパーツを駆使して、購入した時のような美しい仕上がりで、届けてくれます。依頼する際にかかる費用が高めではあるものの、最も信頼できる依頼先だといえます。

時計修理専門店ならば安く依頼できる

代理店でなくても、実は国内にたくさん存在する、時計修理専門店でロレックスのオーバーホールの依頼が可能です。実店舗に持ち込んで依頼してもよいですし、ネットでサービスを提供している時計修理専門サイトでも受け付けています。メーカーとは直接的な関わりがありませんので、依頼する際にやや不安が残るものですが、非常に技術の高い時計修理専門店を選ぶことによって、代理店に負けないほど美しい仕上がりを実現してくれます。その割には代理店よりも料金が安い場合が多くなっています。代理店以外でオーバーホールを依頼すると、部品交換が必要な場合に他社製のパーツで修理されてしまう心配がありますので、それでも構わないか、よく考えましょう。気に入らなければ多少高くても、代理店に依頼するのがベストです。

腕時計修理の専門のお店です。技術者それぞれが作業を担当し新品同様に仕上げます! 当店へ時計を配送する際の梱包セットについて、到着までの流れを写真付きでご案内しております。 時計の修理を出してから受取りまでの一連の流れを構成図にてご覧いただけます。 時計修理の専門会社ならではのサービスでオーバーホール価格がなんと60%OFF! ロレックスのオーバーホールが必要なら【CIEN】