ロレックスのオーバーホールのイメージをつかむ

ロレックスは数年に1度はオーバーホールをしてメンテナンスする必要がありますが、実際に行われるオーバーホールがどう行われるのかは分かりにくいものです。この為、ロレックスをオーバーホールに出すのが少し抵抗があるという方も居られるでしょう。そこで、ここではオーバーホールが行われる流れを、イメージを掴みやすくなるよう順に紹介します。まず、時計職人はロレックスのパーツを1つずつ取り外して分解していきます。分解といっても、その数は数百も存在する細かなものです。全てのパーツは時計職人が様々な専用の工具を取り換えながら、ピンセット等を使って慎重に取り外していきます。こうして非常に小さなねじの1本まで取り外し、ようやくロレックスを洗浄する準備が整っていくのです。

ロレックスのオーバーホールに使われる時計職人の道具

ロレックスのオーバーホールには、様々な道具が使われています。例えば、時計職人がロレックスを分解する際は、目にルーペを付けて作業を行うものです。ルーペは作業中の手元を拡大して見る事ができます。これは細かな部品を視認しやすいというだけでなく、肉眼では見えにくいねじの傾き等までチェックできる方法です。また、分解したパーツを洗浄する為には、専用の洗浄液と超音波洗浄機が利用されます。超音波洗浄機の中では、様々な効果で汚れが落ちていきます。例えば、超音波の力で洗浄液の中を漂う泡が破裂し、その衝撃波で汚れが剥がれ落ちていくのです。パーツはそれぞれ洗浄用のバスケットに入れた状態になり、超音波洗浄機でクリーニングされます。汚れの除去は何段階かに分けて行われ、最終的に細かい汚れまで全て取り除かれた状態に戻るのです。

ロレックスを組み立ててもオーバーホールは終わらない

洗浄が済んだら、後は組み上げるだけと思われるかもしれません。しかし、ロレックスは単純に組み上げても元には戻らない繊細な機械です。パーツを組み合わせるだけでは、摩擦が強すぎてすぐに摩耗してしまうでしょう。パーツを組み上げる間には、滑らかに稼働させる為の注油作業があります。様々な種類のオイルを使い分けて、それぞれのパーツに適切な量を注油していく過程です。単純な作業に思えるかもしれませんが、オイルの量が多すぎても少なすぎても故障に繋がる繊細な作業となります。どのパーツにオイルをどの程度注油するかは、一握りの技術者しかいません。こうして組み上げられたロレックスは、タイミング調整が行われます。秒単位の精密な調整が行われる事で、ロレックスの精度の高さが取り戻されるのです。この頃にはケースやブレスレット等も綺麗に磨かれており、再び1つになっていきます。最後に厳しい検品を経て、オーバーホールは終わります。