ロレックスのオーバーホールの料金を調べる

ロレックスのオーバーホールを受ける際、必ずチェックする事になるのが料金の見積もりです。基本的にはオーナーが時計の状態を伝える事で、大まかな見積もりが決まります。その上で、技術者がロレックスを分解して、時計の状態をチェックします。この時、ロレックスの状態が詳細にわかりますので、見積もりがほぼ決まる形です。これらのように、料金は分解してみて初めてわかる部分もあるものです。ただし、実際に支払うのは見積金額をチェックして、オーバーホールを依頼すると決めた後になります。キャンセルすれば時計は組み直されて戻ってきますので、高額な費用をすぐに支払うという事はありません。比較的新しいモデルなら、オーバーホールの内容も一般的な範囲内に収まる事が多く、事前にある程度は費用の予測ができます。ヴィンテージやアンティークと呼ばれる物の場合は、かかる費用が更に高額になる事もあります。

一般的なオーバーホールの費用の相場

ロレックスのオーバーホール費用は、モデルによっても異なります。オーバーホール自体は45000円から85000円程度の範囲で行われるものです。そこに摩耗や破損したパーツを交換する為に、費用がかかります。例えば、竜頭の具合が悪くてオーバーホールに出したところ、交換の必要があると判断されたとします。この場合、竜頭の交換に10000円程の費用がかかるものです。この他にも、チューブやバルブといったパーツを交換する必要がある場合は、更に13000円ほど必要になるでしょう。このように、ロレックスのオーバーホールにかかる費用は、基本的なオーバーホール料金に加えて5000円から10000円程度は見積もっておくべきです。ただし、これは定期的なオーバーホールを続けていく場合の話です。長い年月をノーメンテナンスで使い続けていると、更に高額の費用がかかる場合があります。

オーバーホールを賢く利用する方法

オーバーホールは車検のように、時計を維持する為に必要不可欠な出費です。とはいえ、かなりの高額になるのは事実であり、特に年月を経たロレックスのメンテナンスとしては出費の額が大きいと感じる方も多いでしょう。そこで、ロレックスのオーバーホールを賢く利用する方法として、時計店の修理を利用する方法があります。オーバーホールは正規代理店に依頼して受ける義務がある訳ではりません。実績の豊富な技術力が高い時計店に依頼する方法もあります。こうした時計店に依頼をすれば、純正部品を利用して適切なメンテナンスを行ってくれますし、正規代理店に依頼するよりも控えめの費用で収まるでしょう。ロレックスオーナーになったら、オーバーホールは数年に1度やるべきものです。ロレックスの状態を常に良く維持していく為には、依頼先と費用をある程度事前に調べておき、計画的に利用していくのが大切です。