ロレックスのオーバーホールの日本の修理窓口

ロレックスのオーバーホールを依頼する際は、依頼先を選ぶ必要があります。依頼先の候補は様々にありますが、もしロレックス公式の窓口に依頼をしたいのなら修理やオーバーホールの受付窓口を探すと良いでしょう。ロレックス公式のオーバーホール受付窓口は、公式サイトから検索する事ができます。基本的に居住地の最寄りにある受付窓口に依頼する事になるでしょう。デパート内のロレックス販売店やサービスセンター等、気軽に立ち寄りやすい場所にも設置されています。所有しているロレックスのオーバーホールが必要になった時に備えて、まだオーバーホールが必要でなくても場所程度は覚えておくと良いでしょう。近くにロレックス販売店やサービスセンターが無い場合は、郵送を利用してサービスセンターへ送り届ける方法もあります。サービスセンターによって受け付け対応は異なるので、利用候補先となるサービスセンターの対応を予め調べておきましょう。

修理窓口を利用するメリットについて

ロレックス公式の修理窓口を利用する方法は、多くのロレックスユーザーにとって安心感の高いものになるでしょう。多くの優れた技術者が在籍しており、確かな実力を持つ時計技師が預かったロレックスを徹底的にメンテナンスをしてくれます。パーツの在庫も豊富であり、製造から30年経ったモデルのパーツも対応可能です。修理窓口を利用する際、郵送を利用すれば家にいながらメンテナンスを受けられます。電話一本でロレックスを郵送する為の専用キットが送られてきますので、梱包を済ませて送り返すだけです。サービスセンターへの持ちこみという方法もありますが、この場合はサービスセンターへ直接持ち込むのがおすすめです。デパートなどの販売店を通じて持ちこみをすると、手数料が発生してしまいます。

修理窓口を利用する上での注意点

ロレックス公式の修理窓口は、確かな技術力を持つ時計技師がメンテナンスを行ってくれる、信頼性の高いオーバーホールの方法です。ただし、利用する場合はある程度の出費は覚悟しなければいけません。オーバーホールそのものの費用として40000円から90000円ほどかかります。交換が必要なパーツがあるなら、その分だけ費用も嵩むものです。特に注意すべきなのが、ずっとメンテナンスを受けていないロレックスです。時計として十分な精度で使えるようにする為には、数年に1度オーバーホールをしているロレックスの数倍の費用がかかる場合もあります。どうしてもオーバーホールの費用を抑えたいという場合は、ロレックスのオーバーホールで実績のある修理専門店に依頼するのも1つの方法です。信頼の置ける修理専門店に依頼すれば、オーバーホールの費用は相当に安くなります。